登壇者

第1部

講演

  • 浜田 宰氏

    浜田 宰

    金融庁企画市場局企業開示課
    企業統治改革推進管理官

    トヨタ自動車株式会社勤務を経て、2008年に長島・大野・常松法律事務所へ入所。2014年より2016年まで、金融庁総務企画局(現企画市場局)企業開示課専門官。2016年4月にDT弁護士法人へ入所し、M&Aや組織再編、危機管理対応等の案件を中心に、企業法務全般について法的サービスを提供。2020年3月より現職。弁護士(日本・ニューヨーク州)。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。
  • 青 克美氏

    青 克美

    株式会社東京証券取引所
    執行役員

    2016年より、「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」の金融庁との共同事務局を務め、コーポレートガバナンス・コードの改訂に携わる。その他、法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会、金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」、経済産業省「コーポレート・ガバナンス・システム研究会」の委員などを歴任。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。
  • 江良 明嗣氏

    江良 明嗣

    ブラックロック・ジャパン
    運用部門インベストメント・スチュワードシップ部長

    運用部門のインベストメント・スチュワードシップ部長として、コーポレート・ガバナンスの問題に取組む日本企業に対する株主議決権行使を担当し、株主議決権行使における方針やガイドラインを確立させる。2011年ブラックロック・ジャパン入社。ブラックロック入社以前は、2006年より日興アセット・マネジメントにおいて、コーポレート・ガバナンス・マネジャー及びファンダメンタル株式のアナリストとして従事する。また、1999年より7年間、創業したインターネット関連企業の代表取締役社長を務める。日本経済団体連合会(経団連)、経済産業省等のコーポレート・ガバナンスに関する様々な社外ワーキング・グループにも数多く参加。また経済産業省主導の伊藤レポート「『(持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~』プロジェクト」にも貢献。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。
  • 奥野 一成氏

    奥野 一成

    農林中金バリューインベストメンツ株式会社
    常務取締役

    1992年京都大学法学部卒業。2003年ロンドンビジネススクールファイナンス学修士修了。1992年に、日本長期信用銀行入行後、長銀証券、UBS証券を経て、2003年に農林中央金庫に入庫。2007年に現在の原形となる「長期厳選型自己運用ファンド」を運用開始。2009年より、農中信託銀行にチームごと移籍し、機関投資家等の外部投資家向けファンドへの助言業務開始。2014年に農林中金バリューインベストメンツ株式会社を設立し、現在に至る。著書に、『教養としての投資』(ダイヤモンド社)、『企業価値向上のための資本コスト経営』(日本経済新聞出版社)など。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。

第2部

基調講演

  • 平井 裕秀氏

    平井 裕秀

    経済産業省経済産業政策局長

    1987年東京大学法学部卒業、通商産業省入省。
    中小企業庁事業環境部財務課長、JOGMEC(ワシントン事務所長)、資源エネルギー庁資源・燃料部石油・天然ガス課長、経済産業省大臣官房政策評価広報課長、経済産業省大臣官房総務課長、経済産業省大臣官房審議官(経済社会政策担当)、経済産業省大臣官房原子力事故災害対処審議官、資源エネルギー庁長官官房国際エネルギー技術統括調整官、内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)、内閣官房日本経済再生総合事務局次長、資源エネルギー庁次長、経済産業省商務情報政策局長を経て現職。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。

ESG Efforts that Create Real Value.~真の価値を創造するESGの取り組み~

企業理念を根幹に据えた 花王グループのESG経営―持続可能な社会の実現を目指して―

  • 澤田 道隆氏

    澤田 道隆

    花王株式会社取締役会長
    一般社団法人日本衛生材料工業連合会会長
    公益財団法人日本容器包装リサイクル協会 代表理事理事長

    1981年、大阪大学大学院工学研究科プロセス工学専攻修士(博士前期)課程修了。同年、花王石鹸株式会社(現花王株式会社)に入社。以後一貫して同社の研究開発部門に携わる。
    素材開発研究所室長を経て、2003年サニタリー研究所長に着任。ベビー用紙おむつ『メリーズ』の再生に寄与。2006年執行役員に就任。2008年取締役に就任。2012年6月28日代表取締役社長執行役員に就任。2021年1月1日取締役会長に就任。
    一般社団法人日本化学工業協会理事、一般社団法人日本衛生材料工業連合会会長、日本化粧品工業連合会副会長、日本経済団体連合会生活サービス委員長、コンシューマー・グッズ・フォーラム理事、クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)会長を務める。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。

パネルディスカッション

※50音順

  • 安藤 元太氏

    安藤 元太

    経済産業省
    経済産業政策局
    産業組織課長

    2004年から経済産業省に勤務し、経済産業政策局、製造産業局、大臣官房総務課を経て、米・コロンビア大学国際公共政策大学院修了。2012年から資源エネルギー庁及び電力・ガス取引監視等委員会事務局で電力自由化や発送電分離など電力システム改革に携わる。2016年から産業組織課でコーポレート・ガバナンス、事業再編関係の税制改正、役員報酬税制などを担当。その後、大臣官房秘書課を経て、2020年7月から産業組織課長。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。
  • 太田 純氏

    太田 純

    株式会社三井住友フィナンシャルグループ 執行役社長

    1982年京都大学法学部卒業後、住友銀行現三井住友銀行入行。2006年ストラクチャードファイナンス営業部長、執行役員、常務執行役員、取締役専務執行役員などを経て、15年三井住友フィナンシャルグループ取締役。17年取締役兼副社長執行役員として、広報部、企画部、財務部、グループ事業部、ITイノベーション推進部、決済企画部を担当。19年取締役執行役社長グループCEOに就任現職。20年から日本電気株式会社の社外取締役を務めるほか、一般社団法人日本経済団体連合会副会長、金融・資本市場委員会委員長を務める。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。
  • 岩田 圭一氏

    岩田 圭一

    住友化学株式会社
    代表取締役社長

    1982年東京大学法学部卒業後、住友化学工業株式会社入社。主に国内外における経営管理、事業企画、新事業開発等の業務に従事し、2010年執行役員、2019年に代表取締役社長就任。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。
  • 国谷 史朗氏

    国谷 史朗

    弁護士法人大江橋法律事務所
    代表 弁護士

    1980年京都大学法学部卒業、1982年弁護士登録・大江橋法律事務所入所、1986年Georgetown大学ロースクール(LL.M.)卒業、1987年ニューヨーク州弁護士登録。M&A・企業再編・事業提携、会社訴訟、仲裁案件、国際契約・国際通商、ジャパンディスプレイ・大和ハウス工業などの第三者委員会、ジュピターテレコムなどのTOB関係の第三者委員会の委員長など。これまで環太平洋法曹協会(IPBA)会長、日本電産監査役、ソニーフィナンシャルホールディングスなどの取締役。現在は日本弁護士連合会国際活動・国際戦略に関する協議会議長、武田薬品工業取締役、公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団監事を務める。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。
  • 江川 雅子氏

    江川 雅子

    一橋大学大学院経営管理研究科特任教授
    東京海上ホールディングス株式会社 社外取締役
    三井物産株式会社 社外取締役

    外資系投資銀行に15年間勤務後、2001年よりハーバード・ビジネス・スクール日本リサーチ・センター長。2009年より東京大学理事として大学経営に携わる。2015年より一橋大学大学院経営管理研究科教授、2020年より現職。『現代コーポレートガバナンス』『株主を重視しない経営』などの著書がある。日本証券業協会副会長、自主規制会議議長なども務める。2020年まで社外取締役を務めたAGC(旧旭硝子)では取締役会議長、指名委員会委員長も務めた。東京大学卒業、ハーバード・ビジネス・スクール修了(MBA)、一橋大学商学研究科博士後期課程修了(商学博士)。

    icon_timeタイムテーブルを確認する。