ガバナンス・サミット2021持続可能な社会の実現に向けた
コーポレートガバナンスの在り方

2021年

108日(金)

第1部 9:30開演(9:00開場)

第2部 13:30開演(13:00開場)

  • 会場

    経団連会館 国際会議場東京都千代田区大手町1-3-2

  • 後援

    金融庁日本取引所グループ東京証券取引所

「ガバナンス・サミット2021」ご来場にあたって

「ガバナンス・サミット2021」は新型コロナ・ウイルス感染症の状況に応じた適切な措置を取ったうえで開催いたします。ご参加者の皆様には、ご来場に際して新型コロナ・ウイルス感染症拡大防止のためのご協力についてお願いを申し上げることもあるかと存じますが、その際にはご対応をいただきたく存じます。

昨年のガバナンス・サミット2020では、取締役会における多様性の確保、社外取締役の活用、多様なステークホルダーとの対話の促進等のコーポレートガバナンス上の取組みが議論されました。これらは、多様性のある外部からの情報、アイディア、価値観等を企業内に取り込み、企業の成長戦略と持続可能な社会の実現を両立させるための基盤となるものです。
今後、企業はこうした基盤の上に、稼ぐ力を高めるとともに、カーボンニュートラル、DXの推進、人権尊重、多様性促進等の持続可能な社会の実現に向けたESGを巡る課題への対応の取組を加速させていく必要があります。このことは、昨年のガバナンス・サミット2020でも、世界最大の資産運用会社であるブラックロック社のラリー・フィンク氏からの指摘がなされた点でもあり、また、昨年と今年の二つのコードの改訂での重要なポイントの一つでもあります。こうした観点から、ガバナンス・サミット2021では、ESGやSDGsに関する世界の潮流を踏まえつつ、持続的な社会の実現に向けた日本企業のコーポレートガバナンスの在り方を議論します。

ガバナンス・サミット2020実行委員会 委員 ガバナンス・サミット2020実行委員会 委員

委員長
榊原 定征氏

経歴

1965年 3月 名古屋大学工学部応用化学科卒
1967年 3月 名古屋大学大学院工学研究科修士課程
(応用化学専攻)修了
1967年 4月 東洋レーヨン株式会社(現東レ株式会社)入社
2002年 6月 代表取締役社長
2010年 6月 代表取締役会長
2014年 6月 日本経済団体連合会 会長
2018年 5月 日本経済団体連合会 名誉会長
2018年 7月 株式会社プロネッド 名誉会長
2020年 6月 関西電力株式会社 取締役会長
2020年 旭日大綬章
委員 ※50音順
安藤 元太 経済産業省産業組織課長
江良 明嗣 ブラックロック・ジャパン株式会社
運用部門インベストメント・スチュワードシップ部長
国谷 史朗 弁護士法人大江橋法律事務所
代表 弁護士
酒井 功 株式会社プロネッド
代表取締役社長
浜田 宰 金融庁企画市場局企業開示課
企業統治改革推進管理官
正木 義久 日本経済団体連合会
ソーシャル・コミュニケーション本部長